派遣の介護士として働くにあたって

このサイトでは高齢化社会となっていく中で厳しい労働環境にある介護士、特にその中でも派遣として働く場合に、その仕事にどのような魅力があるのか、そして生活との兼ね合いや休日の有無、適性などはどうなのかということを学ぶことが出来ます。
ぼんやりとしたイメージしかなかった人でもこのサイトの記事を読めばその実態を詳しく知ることができます。
そうすれば、これからなりたいと考えている人が正しい判断ができるよう助けとなることでしょう。

派遣の介護士という仕事の魅力

派遣の介護士という仕事の魅力 介護施設で働く介護士というと、全員が施設に直接雇用された正社員と思いがちですが、実は派遣で働くというケースは珍しくありません。
では派遣の介護士の仕事の魅力はなにかというと、いろいろな施設を巡る事ができるということです。
法律では派遣の介護士が同じ職場にいることが出来るのは契約から3年ということになっています。
3ヶ月以上の間をおけば、再び同じ職場に戻れますが生活を考えるとすぐに次の職場に移ることになります。
それは多少慌ただしくはなりますが、ずっと同じことをしているよりも施設ごとに異なる仕事をして経験を積みたいというのには最適です。
それに好きな勤務日や時間で働くことが出来るので、子育てをしながら、というように自由に動ける時間が限られている人でも活躍できます。

介護士の仕事は派遣会社へ登録すれば好条件になります

介護士の仕事は派遣会社へ登録すれば好条件になります 介護士としてこれから仕事をするというのであれば、派遣会社に登録して介護事業所で仕事をする形を選ぶのが、いい条件で働けることとなります。
介護事業所に正社員で直接採用されるよりも、有利になるのです。
まずは給与が違います。
事業所で直接採用されるとなると、介護士の給与はいわば公定価格ですので低く抑えられる傾向は避けられません。
また有給休暇もとりやすいです。
さらにサービス残業を強要されることもありません。
派遣会社にとっては、有給休暇のコストや社会保険料を負担いたしますので、事業所側ではそのような負担は全くありません。
何よりも、事業所にとっては介護士が急にやめたときに、派遣会社からすぐに、一定の能力を持ったとみなされるスタッフを送ってくれるのですから、これは助かります。
というのは、法律の定めで一定に人数の介護士を抱えておく必要があるのですが、欠員が出た場合にその基準を満たすことができなくなると、最悪の場合は事業所の閉鎖に追い込まれるリスクも出てくるのです。
そんな事情もあって、事業所側も自社での正社員採用にはさほどこだわらない傾向が強くなっています。
媒体への費用を支払って採用してもすぐにやめられたのでは意味がありませんので、考え方が変わってきつつあるのは事実です。

介護士の派遣情報サイト

介護士の派遣探しをしたいなら